nontan's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 下北沢カフェめぐり

<<   作成日時 : 2008/06/15 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は下北沢カフェめぐりをしてきました!
川口晴美さんが案内をしてくださいました。
大感謝です。ありがとうございました。

南口からスタート
mois cafe
 民家を改築したカフェです。 路地裏にありました。
 1階と2階があって、木のぬくもりのある空間でした。和み系です。
 本日の日替わりランチ(鶏肉ときのこのクリーム丼)を
 食べました。

南口商店街を抜けて、本多劇場の前を通って、
Kate coffee
 家族や兄弟で営まれているというカフェです。
 長男さんがデザインやインテリア担当ということで、
 とてもセンスのよい、落ち着いた空間でした。
 本棚もありました。
 長女さんが接客とスイーツ、弟さんが調理を担当なのだそう。
 (雑誌「のんびりTOKYOカフェ」より)
 コーヒーをいただいたのですが、「ケイトブレンドコーヒー」は
 淹れ方でマイルド、ライト、ビターの3種類がありました。

北口の方へ向かって歩いていくと、古書ビビビ。(笑)
 店名もインパクトあるけれど、古書の品揃えも面白かったです。

線路を渡って、北口へ。
cafe ordinaire
 ブックカフェ、ということで行ってみました。
 メゾネット式のマンションを改装したお店です。
 色んなジャンルの本が置かれていました。本は閲覧自由で、
 販売はしていないようです。
 コーヒー(利津ブレンド)と、キャラメルビターチーズケーキを食べました。
 ケーキはチーズケーキのアレンジが多いようです。
 音楽はジャズでした。JAZZ喫茶としても知られているようです。

北口商店街をぐるぐる散策。ちょっと腹ごしらえです。
ファッション系のショップが多くて賑わっていました。
雑貨屋さんやカフェもありました。
散策していると、だんだん下北っていいなぁと思ってきました。

下北沢 GALLERY AB -OVO をのぞきました。
 
チャカティカ食堂をのぞきました。アジアン系でした。。

CICOUTE(チクテ) cafe は満席で入れませんでした。
商店街からは離れているのですが、落ち着ける空間のようです。

七草 をのぞきました。ここは割烹・小料理屋さん。

西口を通って、また南口方面へ来たところで、
CAFE TROIS CHAMBRES(カフェ・トロワ・シャンブル)
 ここは珈琲専門店です。
 ゆったりとジャズが流れていて、落ち着いた雰囲気でした。

南口商店街を通って、立ち寄りました。
自家焙煎珈琲豆専門店コーヒーモルティブ下北沢
 コーノ式ドリッパーを買いました。
 それから「フルシティロースト コロンビア」と
 「マンデリン スーパーグレード」の豆を中粗で挽いてもらって購入。
 家で珈琲淹れてみます。

どのお店もそれぞれに個性がありました。
でもやっぱり落ち着いた雰囲気で寛げるという空間がポイントのようです。
そして珈琲もそれぞれのブレンドでしたけれど、美味しかったです。

うーん、私はどんなお店になるかなぁ。
でも今日は、いろんなお店と味をみれて収穫でした。
(あ、カフェと言えば? ・・カレーですか?(笑))

お店の名前、
Poem & Reading Cafe 中庭ノ空
はどうかなぁ。
中庭って忘れ去られてしまいそうな、ぽっかりとした空間のイメージ。
そこから見上げる空。(私がよく空を見上げるからなんですけれど。。)
私にとって詩の存在も、そんな空の風景なのかもしれないなぁ。あはは〜。

夢工房は、少し中期戦でいこうと思います。
9月までにいろいろと下準備を進めます。
そこからもう一度計画を練り直して、来春くらいから
物件探しを始めるようなスケジュールにしようと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
下北沢カフェめぐり nontan's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる