nontan's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩とカフェと人生と(笑)

<<   作成日時 : 2009/07/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は渡邊十絲子さんがお声がけくださって、
川口晴美さんと、白鳥さんと、拙詩集の出版お祝いにと
下北沢の中華料理屋さんでお食事会をしてくださいました。
渡邊さんが私の第一詩集もお渡しした時に何もしなかったからと
気に掛けてくださっていました。
なんて身に余る光栄。本当に感謝感激です。

渡邊さんからご感想と、これからの詩作についていろいろと
アドバイスをいただきました。
いま詩の言葉が降りてこなくなっていたので、新しい道への
光をいただいたような気がします。

その一つは、今の私の詩は、私自身の気持ちにとても忠実に
書いているところがあって、例えば架空の登場人物に語らせたら、
もっと多角的・多面的な“私”が浮かび上がるのではないかと。
すごく鋭いご指摘でした。
これは私も変わりたいなと思っていたところで、どうしても私(自我?)
の枠にはまり過ぎて抜け出せないのが、自由な表現の妨げになっていて
苦しかったのです。

渡邊さんの仰りたかったことは、いただいた記事にも書かれていました。
川口晴美さんと渡邊十絲子さん共同の著書『ことばを深呼吸』について、
図書新聞に掲載されたお二人の対談記事です。
詩を書くってこういうことだなと思いました。
今度『ことばを深呼吸』必ず買います!


また色々なお話の中で、私の詩は“独りだっていいじゃない”という
手触りがやわらかい言葉で書かれていて、すーと入ってくる感じと
評してくださいました。OLの人とかにも読んでもらえたらいいと思うと。
それは嬉しい。
最近の女性誌なんかは、「愛される」ことを強制されている感じ?
確かに「愛される髪型」だとか「愛されるファッション」だとか、
「愛されるメイク」だとかの特集が多いですね。
そればかりだと疲れてしまうから、寝る前にパラパラとめくる雑誌の
代わりに、“独りだっていいじゃない”“「愛される」ことにそんな
頑張らなくてもいいじゃない”って感じさせてくれる詩集を読んだら、
きっと癒しになると思うよというお話がありました。

女性はね、例え恋人がいたり、結婚してたりしても、
どこかで“独り”を意識する時があるって。
それはそう。きっとみんなそうだよね?

このお話をしている間に、あぁそれなら、そういうのなら、
ポエトリーカフェを目指す意味があるかもしれないなと
感じていました。

渡邊さんは、愛とか幸せとか、ちゃんと手に握っていていい
のだけれど、でもこの手は放すこともできるんだよ、っていうのが
いいと思うと仰ってました。

私の場合は、最初っから、愛とか幸せとかが遠いのだけどねぇと
密かに苦笑してしまいました。
だってねぇ、一番最初に記憶した詩が、国語の教科書に載っていた
カール・ブッセ/上田敏 訳の『山のあなた』で。
あぁ、幸せってずぅーっと遠いところにあるんだなぁ〜と、
ものすごく感慨深げにうなずいていた、小学4年生くらいの私、
だったのですから。
あれからちっとも近くにこない気がするなぁ。

そうそう、どんなに尋ねても遠いなら、自分で作ればいいか、
と思ったのが、カフェをやりたいと思った最初の動機だった
ような気がします。そこにはやっぱり詩があったらいいなと、
思ったのは最近のことだけれど、でもそれが今の私にとっては、
強い希望になっています。

先日ちょっと最後の賭けで、“山のあなた”に賽をふってみた
のだけれど、どこに転がったのかな?返ってこなくなっちゃった。
拾ってくれなくてありがとう。


来週は(もう8月か)夏休みです。
「Poem & Reading Cafe 中庭ノ空」をどうしたら実現できるか、
考えて、何か行動していきたい。
今月は毎週土曜日に、練馬区の「創業!ねりま塾」の講座に
参加していました。
コンセプト、目的・動機、経験などのブラッシュ・アップや、
ビジネスプランなどの作成をしました。
講師の方も参加者の方々もとても良くて、グループディスカッション
も充実して、実りあるものでした。
それでだいぶ現実的になってきたけれど、でもまだ机上の空論、、
でもあるかな。現実は厳しいです。

今後の課題は、立地調査とメニュー開発だとを考えています。
メニュー開発が一番問題で、「何を売るのか」が、コンセプト
としては思い描いているのだけれど、実際私に何ができるか
と言うと、まだブレてしまいます。
悩んでも仕方ないんだけれど、前に進みたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
詩とカフェと人生と(笑) nontan's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる