nontan's diary

アクセスカウンタ

zoom RSS かっぱ橋〜上野−日暮里〜古書ほうろう。

<<   作成日時 : 2009/10/25 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は一日歩いたぞ。

先ずは合羽橋。銀座線の田原町で下車。
「パンのペリカン」で食パンを買う。
このお店は食パン・ロールパン・バンズの3種類のみ。
この3つだけは誰にも負けないものを、というこだわりのパン屋さん。
どれだけ美味しいのだろう。。帰ってから食べるのが楽しみ〜♪

画像
それから、かっぱ橋道具街にやって来て通りをぶらぶら。
陶器のお店とか覗くのが楽しくて、つい時間を使ってしまう。。
じゃなくて、今日は、製菓道具のお店でしょう!
いくつか目星を付けておいたお店を回って、
ケーキの型や食パン一斤型や、あれやこれやと小道具を購入。
かなりの出費&荷物重し。ずっしり。
だけど両手にぶらさがった荷物の重さよりも、気持ちは軽い。
取り敢えず道具から‥と言う安直さ(笑)
だいたいどのお店で何が買えるのかが分ってきた。
合羽橋、おもしろい!

さて何か旨いものでも‥とぶらつくが、食事処はまだよく分からない。
歩けども歩けども‥ピンとくるお店がなく、
結局、国際通り沿いの「せんねんそば」に入る。
グリーンかき揚げ蕎麦350円なり。でもかき揚げをその場で揚げてくれて、
蕎麦も美味しくて、思いの他、大満足。
立ち食いそば系のチェーン店では「吉そば」が気に入っているのだけれど、
この「せんねんそば」、ぐっときたね。台東区を中心に展開しているようだ。

外に出るとはらり雨のような・・あやうい空模様。
地下鉄に乗ろうかと思ったけれど、遠くにそれらしい建物が、、
見通せてしまったので、浅草通りを上野駅まで歩く。

山の手線で日暮里へ。雨が本格的に降ってくる。
夕焼けだんだん下のカフェ「cafe a la Papa」でひと休み。
珈琲とオレンジシフォンケーキを食べる。
画像


夜は千駄木にある「古書ほうろう」さんにて、詩の朗読会。
T.K.Revue vol.4『Evergreen Knee-high Revue』
カワグチタケシさん、小森岳史さん主催の朗読会です。
ゲスト石渡美紀さん!!
今回は谷中芸工展の一環として、谷中在住の詩人 岸田衿子さんに
トリビュート。ということで、岸田衿子さんの作品を中心に、
自作の詩と織り交ぜて朗読してくださいました。
古書店でやる朗読会もいい雰囲気でした。
画像

岸田衿子さんの詩はあまり知らなかったのだけれど、
朗読を聴いて、読んでみたくなりました。
自然の中を歩いて、花や草木の小さなものにとても優しい目を
向けている感じがして、なんだかほんわり温かい気持ちになりました。
童話作家でもあって、絵本もたくさん出版されているのですね。
元夫は谷川俊太郎さん、田村隆一さんというのも興味深です。
岸田さんの魅力をもっと探ってみたくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
かっぱ橋〜上野−日暮里〜古書ほうろう。 nontan's diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる